支部長あいさつ

 公益社団法人東京都宅地建物取引業協会
 調布狛江支部 支部長
 藤田 克彦

 このたびは当サイトをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
 当支部は、文字通り調布市・狛江市に所在する宅地建物取引業(以下宅建業)免許を受けた
当協会会員からなる組織です。
 両市エリアは、新宿から電車(京王線・小田急線)乗車時間20分前後という恵まれたアクセスに加え、一方では多摩川や野川など、また深大寺といった水と緑の美しい自然・文化に囲まれたベットタウンであり、近年の両市に所在する駅周辺の再開発により、更に便利な住みよい地域となっております。新たなマンションや戸建て住宅の建設も行われ、地理的メリットの有利性を生かした不動産流通は今後も継続していくものと思われます。
 そうした地域で当支部は、遡ること昭和29年 近隣宅建業者によって結成された調布市不動産業組合が母体となり、昭和40年の当協会設立から50年以上にわたり、地域の発展と共に地元に密着した社会貢献活動・会員相互の協力による宅建業の適正な運営活動等に邁進して参りました。
 今後も地域の皆様に愛され尚かつ、会員目線も大切に、 信頼される「ハトマーク」宅建協会
調布狛江支部として努力して参りますので宜しくお願い致します。