支部概要

公益社団法人 東京都宅地建物取引業協会(東京都宅建協会)は昭和42年6月、宅地建物取引業法第74条に基づき、東京都知事認可で設立された公益法人です。
宅建協会のハトマークは“安心と信頼”のマーク。
東京都宅建協会には32支部があり、杉並区支部は杉並区にある不動産業者のうち約560社の会員で構成されております。杉並区支部では本部と提携して公益社団法人としての目的を達成するため「消費者保護」及び「人材育成」を柱とした事業を行っております。
事業例として「常設不動産無料相談所」「無料不動産相談会」「研修会・セミナーの開催」「支部報発行」「フェイスブックページ運営」「関係官公庁及び諸団体との連携事業」など行っており、会員及び消費者から信頼される支部であるよう努力をいたしております。

ハトマークは安心と信頼のおける宅建業者である証し

このシンボルマークは、会員が目指していくべき姿の象徴です。 2羽の鳩は“会員と消費者の信頼と繁栄”を意味し、使用されている色については、赤色は「太陽」を、緑色は「大地」を、そして白色は「取引の公正」を表しています。また、REAL(不動産の、本当の)PARTNER(仲間、協力しあう)は、会員と消費者がREAL PARTNERとなり「信頼の絆」がはぐくまれるように、との願いがこめられています。

公益社団法人
東京都宅地建物取引業協会 杉並区支部

【支部概要】
〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-15-6-3F
TEL:03-3311-4937
FAX:03-3318-3525
takkensibu@cpost.plala.or.jp

公益社団法人<br />
東京都宅地建物取引業協会 杉並区支部