【活動報告】第四ブロックニュース ─進捗状況の概要と今後のスケジュール等について─

副支部長・幹事長 井上慶太

前回支部報でご紹介しましたが、現在組織財政改革が進んでいます。これに基づき、文京区支部は、「四第ブロック」として、荒川区支部・豊島区支部と合併することになります。
現在の第四ブロック統合に向けた進捗状況の概要をご報告いたします。

1.第四ブロック事務所

第四ブロックの事務所は、現在の豊島区支部事務所になります。(現在内装工事中で、11月初旬に完成予定です。)ここに文京区支部と荒川区支部が令和5年3月末までに完全移転する予定ですが、文京区支部は、2月末に移転することを目標とします。
なお行政対応窓口として、各支部長の事務所を行政対応の拠点とすることも検討されています。(行政との契約・覚書等は第四ブロック長名と支部長名の連名にまき直すことを検討中)

2.移転の準備

新事務所には文京区支部関係の書類は、原則として書庫キャビネット1本分程度に限定され、入らない分は本部が用意する合同倉庫へ保管されます。(倉庫保管の書類は、必要に応じて配送されるシステムが構築される予定です。)
このため、新事務所へ持ち込む書類、倉庫へ移す書類、廃棄する書類の分別を年内に行う必要があります。(支部保管書類の取扱いについては、本部から指針が出ています。)
なお事務所の什器や通信機器・コピー機などは、本部より一括支給される予定ですので、ほぼ廃棄となります。

3.事業・予算について

令和5年度中は、現行各支部の事業については、概ねそのまま実施(合同でできるものは合同で実施)する方向ですが、完全統合に向けて各委員会で話し合いが行われていくことになります。(第四ブロックの支部長・幹事長会や各委員会の委員長会議は、すでに始まっています。)
なお、令和5年度の事業計画・予算は、第四ブロックとして三支部まとまったものを例年通り令和5年1月には提出することになります。

4.役員等について

現在の各支部の社員数・理事数・役員数および第四ブロックでの予定数は以下の通りとなっています。
また各事業委員会の委員長(常任役員)は、各1名となります。(総務・財務・組織・情報・研修・消費者保護・社会貢献)
今後、第四ブロック協議会で協議していくことになります。

5.主な方向性

以下主な方向性として本部で検討しています。(1)会員管理システムの構築(本部での一括入会手続きの検討)
(2)会費徴収システムの構築(本部での一括徴収の検討)
(3)WEB会議の本格導入や FAXの廃止
(4)ペーパーレス化
まだまだ検討内容も多くありますが、支部事務所の移転が進むことで第四ブロックが大きく前進していくと思われます。
何卒皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いします。