支部長あいさつ

 公益社団法人東京都宅地建物取引業協会
 中野区支部 支部長
 石井 弘美

 信頼のハトマーク「宅建協会」の中野区支部のご紹介です。業界最大の支部数と会員数を誇り、都内会員15,800社のうち、会員は370社、都内32支部の中心に位置する伝統ある支部です。
 平成24年4月に公益社団法人に移行し、公益事業を主とする団体として、宅地建物、住まいに関し、消費者の皆様の安心安全な取引に寄与しております。
 宅建協会の強みは「地域密着型」であり、中野区地域にお住いの皆様が抱える様々な「不動産」に関するお悩みにお答えすべく、日頃より、「無料街頭不動産相談」や「不動産・お悩み解決相談会および公開セミナー」「まちづくり相談会」「区役所不動産相談」等の公益活動の開催、「居住支援協議会」「都市計画審議会」「住宅政策審議会」「地域包括ケア」等の行政への協力を通じ、課題解決に全力で取り組んでいます。
 中野区は今後サンプラザ、駅ビル等各種再開発が多数控えており、「近都心」として益々の発展を遂げてまいります。中野区支部もその一助となるべく、中野区との連携を図ってまいります。
 支部会員の皆様に対しては、業務支援サービス、WEB研修、支部独自の各種セミナー、会員相互の各種交流の場の提供に努めてまいります。今後とも支部運営、支部事業へのご協力を宜しくお願いいたします。