支部概要

全宅連の一翼を担う(公社)東京都宅地建物取引業協会は、東京23区と多摩地区を含め32支部で構成され、会員数は15,300余。
全宅連をリードするトップ団体です。私達は、その「中野区支部」の会員です。
支部会員数は現在400社余。主に地域密着の業務活動を行っています。

ハトマークは安心と信頼のおける宅建業者である証し

このシンボルマークは、会員が目指していくべき姿の象徴です。 2羽の鳩は“会員と消費者の信頼と繁栄”を意味し、使用されている色については、赤色は「太陽」を、緑色は「大地」を、そして白色は「取引の公正」を表しています。また、REAL(不動産の、本当の)PARTNER(仲間、協力しあう)は、会員と消費者がREAL PARTNERとなり「信頼の絆」がはぐくまれるように、との願いがこめられています。

公益社団法人
東京都宅地建物取引業協会 中野区支部

【支部概要】
〒164-0001 東京都中野区中野5-66-4 中野SHKビル
電話 03-3387-5977
FAX 03-3388-2181
E-mail n-sibu@trust.ocn.ne.jp

公益社団法人<br />
東京都宅地建物取引業協会 中野区支部

「宅建協会」は、不動産業界最大の組織です

私達の団体「宅建協会」は、全国組織として(公社)全国宅地建物取引業協会連合会( 略称:全宅連)を、47都道府県の宅建協会で構成しています。
会員数は9.1万社近く、わが国不動産業者の80%強が加盟する業界最大の組織です。

(公社)東京都宅地建物取引業協会は全宅連のトップ団体です

全宅連の一翼を担う(公社)東京都宅地建物取引業協会は、東京23区と多摩地区を含め32支部で構成され、会員数は15,100余。
全宅連をリードするトップ団体です。私達は、その「中野区支部」の会員です。
支部会員数は現在400社余。
主に地域密着の業務活動を行っています。

不動産業は「生活総合産業」です

不動産業は、人の暮らしに欠かせない衣食住の「住」を担うものですが、成熟社会において人々のライフスタイルも多岐に亘り、ニーズも多様化する中で、地球環境にも優しい対応が求められることから、今や生活全般に関わる「生活総合産業」ということができます。

私達は、地域社会に寄与することをめざしています

私達は、こうした時代の要請を真摯に受け止め、専門家としての意識をもって、  順法精神に基づき皆様のご要望に適正・的確にお応えし、お役に立つことで地域社会の皆様から信頼され、  共生することをめざしています。 「ハトマーク」が目じるしです。

会員の事業所には、この「ハトマーク」が掲示されています。  地域のことは地元業者が精通しています。不動産のことなら何でもお気軽にご相談ください。  必ずやご満足いただける努力をお約束します。  「ハトマーク」が目印です。宜しくお願い申し上げます。